動画を撮影してみる

Nikon D300sは24フレーム/秒で撮影が出来ます。
また、外部マイクをつけることにより同時にステレオ音声も記録出来ます。
外部マイクをつけない場合はモノクロ音声になります。

撮影の方法は「Lv」ボタンを押します。
すると液晶モニターに被写体が映ります。

次にピント合わせです。
撮影を開始するとAF(オートフォーカス)は聞きません。
撮影前に、AFでピントを合わせます。

ピントを合わせるには「AF-ON」ボタンを押すか、シャッターボタンの半押しを行います。

準備が出来たら、マルチセレクターの「中央ボタン」を押して撮影を開始します。

西宮市で賃貸マンションを借りるのにとってもおすすめの不動産やさんです。
老舗の不動産屋でとても親身に対応していただけます。
有限会社日栄ハウジング 

 

ライブビューモードで液晶モニターを見ながら手持ち撮影する

先日、ライブビューモードを三脚を使って撮影する方法を紹介しましたが、今回は手持ち撮影方法をご案内します。

MENUボタンを押して撮影メニューの「ライブビューモード」で「手持ち撮影」を選んで「OK」ボタンを押します。

「Lv」ボタンをおしてライブビューモードにします。
ライブビューモード時はファインダーから被写体を見ることが出来なくなります。

液晶モニターで構図を確認します。
そのときに「+」ボタンを押すと被写体が最大3倍まで拡大されます。

シャッターボタンを半押しするとピントが合います。

シャッターボタンを全押しすると撮影されます。

花輪の販売

ライブビューモードを三脚で撮影する

D300sではらライブビューモードの場合、3脚で撮影する場合と手持ちで撮影する場合とがあり、それぞれに設定があります。

三脚を使う場合は「menu」ボタンをして撮影メニューのライブビューモード→三脚撮影を選んで「OK」ボタンを押します。

そして「Lv」ライブビューボタンを押すと液晶モニターに被写体が表示されます。

マルチセレクターで液晶上のカーソルを動かして、ピントの合わせたい位置へ移動します。

撮影はシャッターボタンを全押しします。

(撮影時には液晶モニターが消灯します。)

東京のホームページ制作会社で激安で作る

ライブビューについて

ライブビューとは液晶モニターで被写体を確認しながら撮影が出来ることです。

「え?普通は液晶画面を見て撮影するのじゃないの」と思う方もいると思いますが、基本的には一眼レフカメラは構造上、ファインダーを覗いて撮影するしか出来ませんでした。

しかし、最近では液晶画面を見て撮影の出来る機種が増えてきています。D300sもライブビュー付きのカメラです。

メリットとしては、カメラを固定して撮影する際に、液晶モニターに映る被写体を拡大して見ることが出来るので厳密なピント合わせが可能になります。

またハイアングルやローアングルでファインダーを覗くことが困難な場合に、液晶で見ることが出来れば便利ですね。

八尾市でおいしい居酒屋

バッテリーやメモリカードの残量を確認するには?

カメラを持ち出す前には、バッテリーの残量とメモリーカードの残りの容量は確認しましょう。

確認方法はカメラの電源をONにすると、表示パネルにバッテリーの残量が表示されます。
5メモリが6段階で表現され、最後の1メモリが点滅すると撮影が出来ないほどバッテリーを消費したと言うことです。

メモリカードの容量も表示パネルに表示されます。
撮影可能コマ数が1000駒以上残ってる場合は「K」マークが表示されます。PCに詳しい人ならピンとくると思いますが、Kとは1000倍を意味します。
2500コマの場合は2.5Kと表現されます。

撮影可能コマ数が無くなったら「FuLL」が表示されます。
その場合は、いらないデータを消すかPCに移す等で容量を減らしてください。

産婦人科 うめかげレディースクリニック 2011年10月に豊中市に新規OPEN

視度調整でファインダーを見やすくする。

カメラにレンズを装着したら、ファインダーを見やすく調整します。

D300sのファインダーの右についてる視度調整を回して調整します。もちろんファインダをのぞきながら自分が綺麗に見えると思うところで止めます。

なぜ視度調整を行うのかというと、人の視力はそれぞれで近視の人遠視の人、老眼の人といます。

ファインダーを覗いたときは視力によって見え方が異なってくるのです。

それでそれぞれの人に合わせれるように視度調整を行って見やすく調整します。

ロストワックス製法の特徴

メモリーカードの初期化

ほかのカメラで使用したCFカード、SDカードは初期化をして使うことをおすすめします。
(初期化することによってSDカード内のデータは削除されます。)

初期化の方法は、赤色の「FORMAT」と書かれた横の「MODE」ボタンを押しながら「ゴミ箱」ボタンを2秒以上押します。すると表示パネルに「For 」という文字が点滅します。

SDカードとCFカードメモリーカードが2枚入っている場合は 表示パネルのメモリーカードマークが点滅してる側のスロットに入ってるメモリカードを初期化します。
またForが点滅してるときにメインコマンドダイヤルを回すことによって初期化するスロットを切り替えることが出来ます。

そしてForが点滅してる間に(6秒以内)もう一度2つの「FORMAT」ボタンを同時に押すと初期化が始まります。

初期化中は電源をOFFにしたり、バッテリーやメモリーカードを取り出したりしないでください。

南大阪で新築の家を建てるなら
アイフルホーム和泉店のモデルハウス

メモリーカードについて

NIKON D300 で扱えるメモリーカードは速度の速いCFカードと普及が進み単価が安く小さいSDカードの2種類使用可能です。

メモリーカードカバーを液晶がある方に引きカバーを開けます。

CFカードを入れるにはCFカードの表面を液晶がある方に向け奥までしっかりと差し込みます。CFカードイジェクトレバーが出てきて、メモリーカードアクセスランプが緑色に数秒間点滅します。

この際、向きを間違えて無理やり差し込むと端子部分の破損等の原因となりますので、注意してください。

SDカードはCFカードより液晶面側にあります。SDカードの表面を液晶側に向けてかちっと音がするまで差し込みます。正しく差し込まれると メモリーカードアクセスランプが緑色に数秒間点滅します。

最後はメモリーカードカバーを閉め忘れないよう気をつけてください。

金の買取を大阪でする

D300sの日付と時刻の設定を行う

さて、バッテリーを挿入して電源を入れてはじめにすることといえば、日時の設定ですね。

カメラの内蔵時計を合わせなければいけません。そうすることによって画像に正しい日時を記録出来るようになります。

また、この日時設定を行わないで撮影しようとすると、表示パネルに時刻未設定マークの「CLOCK」という文字が点滅します。

日時設定の具体的な方法は、液晶画面の左横の一番上のMENUボタンを押して「セットアップメニュー」の「地域と日時」を選びます。

購入後初めてMENUボタンを押したときなら、セットアップメニュー画面で「地域と日時」が選択されているはずです。

そしてまず現在値の設定を行います。
世界地図が表示されるので地図上の上に表示されたタイムゾーンと確認しながら、「OK」ボタンを押します。
夏時間を設定するか聞かれますのでサマータイムを実施してなければ「しない」を選択してください。
その後、日時の設定を設定して「OK」を押し、日付の表示方法を選んで「OK」をおしシャッターボタンを半押しすることでメニュー操作を終了できます。

給湯器を大阪で買う

まずはD300sについてる付属品を確認

購入してわくわくしながら箱を開けたら、まずは付属品が全部あるか確認します。

「まああるだろう」とたかをくくって確認しないと、後から気がついてもそれが本当にはじめから無かったのか、後で無くしたのかが分からなくなります。

だから必ず確認。

D300sの付属品は説明書によると、本体以外に、ボディーキャップ、液晶モニターカバー、アクセサリーシューカバー(フラッシュ部分の)、バッテリーとバッテリーカバー、クイックチャージャー(充電器)、アイピース キャップ(セルフタイマーやリモコンを使うときに必要)、接眼目当て、オーディオビデオケーブル、USBケーブル、ストラップがあります。その他、説明書やCD-ROM、保証書、クイックガイド等がある。

重要なものもあるので何度も言いますが必ず確認しましょう。

神戸のネイルサロンbambi