ライブビューモードを三脚で撮影する

D300sではらライブビューモードの場合、3脚で撮影する場合と手持ちで撮影する場合とがあり、それぞれに設定があります。

三脚を使う場合は「menu」ボタンをして撮影メニューのライブビューモード→三脚撮影を選んで「OK」ボタンを押します。

そして「Lv」ライブビューボタンを押すと液晶モニターに被写体が表示されます。

マルチセレクターで液晶上のカーソルを動かして、ピントの合わせたい位置へ移動します。

撮影はシャッターボタンを全押しします。

(撮影時には液晶モニターが消灯します。)

東京のホームページ制作会社で激安で作る

ライブビューについて

ライブビューとは液晶モニターで被写体を確認しながら撮影が出来ることです。

「え?普通は液晶画面を見て撮影するのじゃないの」と思う方もいると思いますが、基本的には一眼レフカメラは構造上、ファインダーを覗いて撮影するしか出来ませんでした。

しかし、最近では液晶画面を見て撮影の出来る機種が増えてきています。D300sもライブビュー付きのカメラです。

メリットとしては、カメラを固定して撮影する際に、液晶モニターに映る被写体を拡大して見ることが出来るので厳密なピント合わせが可能になります。

またハイアングルやローアングルでファインダーを覗くことが困難な場合に、液晶で見ることが出来れば便利ですね。

八尾市でおいしい居酒屋

メモリーカードについて

NIKON D300 で扱えるメモリーカードは速度の速いCFカードと普及が進み単価が安く小さいSDカードの2種類使用可能です。

メモリーカードカバーを液晶がある方に引きカバーを開けます。

CFカードを入れるにはCFカードの表面を液晶がある方に向け奥までしっかりと差し込みます。CFカードイジェクトレバーが出てきて、メモリーカードアクセスランプが緑色に数秒間点滅します。

この際、向きを間違えて無理やり差し込むと端子部分の破損等の原因となりますので、注意してください。

SDカードはCFカードより液晶面側にあります。SDカードの表面を液晶側に向けてかちっと音がするまで差し込みます。正しく差し込まれると メモリーカードアクセスランプが緑色に数秒間点滅します。

最後はメモリーカードカバーを閉め忘れないよう気をつけてください。

金の買取を大阪でする