D300sの日付と時刻の設定を行う

さて、バッテリーを挿入して電源を入れてはじめにすることといえば、日時の設定ですね。

カメラの内蔵時計を合わせなければいけません。そうすることによって画像に正しい日時を記録出来るようになります。

また、この日時設定を行わないで撮影しようとすると、表示パネルに時刻未設定マークの「CLOCK」という文字が点滅します。

日時設定の具体的な方法は、液晶画面の左横の一番上のMENUボタンを押して「セットアップメニュー」の「地域と日時」を選びます。

購入後初めてMENUボタンを押したときなら、セットアップメニュー画面で「地域と日時」が選択されているはずです。

そしてまず現在値の設定を行います。
世界地図が表示されるので地図上の上に表示されたタイムゾーンと確認しながら、「OK」ボタンを押します。
夏時間を設定するか聞かれますのでサマータイムを実施してなければ「しない」を選択してください。
その後、日時の設定を設定して「OK」を押し、日付の表示方法を選んで「OK」をおしシャッターボタンを半押しすることでメニュー操作を終了できます。

給湯器を大阪で買う

まずはD300sについてる付属品を確認

購入してわくわくしながら箱を開けたら、まずは付属品が全部あるか確認します。

「まああるだろう」とたかをくくって確認しないと、後から気がついてもそれが本当にはじめから無かったのか、後で無くしたのかが分からなくなります。

だから必ず確認。

D300sの付属品は説明書によると、本体以外に、ボディーキャップ、液晶モニターカバー、アクセサリーシューカバー(フラッシュ部分の)、バッテリーとバッテリーカバー、クイックチャージャー(充電器)、アイピース キャップ(セルフタイマーやリモコンを使うときに必要)、接眼目当て、オーディオビデオケーブル、USBケーブル、ストラップがあります。その他、説明書やCD-ROM、保証書、クイックガイド等がある。

重要なものもあるので何度も言いますが必ず確認しましょう。

神戸のネイルサロンbambi