ライブビューモードで撮影する

D300sでは液晶モニターを見ながら撮影することが出来ます。

コンパクトデジタルカメラの場合は液晶モニターを見て撮影するというのは当たり前ですよね。ファイダーすら付いて無い機器もあります。デジタルカメラにとってファインダーは不要品という扱いなんでしょうか。

その流れのためか、昔は一眼レフデジカメで液晶モニターを見ながら撮影すると言うことはあり得なかったんですが、最近は「あたりまえ」の機能になってきてるようですね。

一眼レフはファインダーを見るそのようなこだわりは不要になってきたと言うことでしょうか。

さて、D300sで液晶モニターを見ながら撮影するには液晶画面の右側の[Lv]ボタンを押します。
「AF-ON」ボタンを押してる間、ピント合わせを行います。そのときに虫眼鏡マークの「+」ボタンを押すと拡大表示ができピントの状態が確認しやすくなります。そして「OK」ボタンを押すと、拡大表示を終了します。

最後に構図とピントを確認できたらシャッターボタンを全押しして撮影します。
撮影時には2回動作音が鳴りますが、以上ではありません。

不要になったカメラも大阪の森商店にお任せ下さい。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す